aphrodite-charme.com~ここから始まる

ちょっと車が好きな管理人が作るちょっとかたよってるブログ

下取り車の強みの伝え方でわかった。求められる

   

車を査定依頼する時は、査定担当者の対応を見て感触をつかむことが大事です。結局、査定をするのは人間です。そのヒトの個性にもよりますが、感覚を探ることで、ある程度の査定額の流れを把握することができます。

万一、査定の際、担当者に誠意をあまり感じられないようなときは、高値の査定は期待できないでしょう。そのような場合は、会商を打ち切って、他の業者に切り替えた方がいいかもしれません。

下取りに出すクルマのセールスポイントの伝達手段とそのタイミング

感じのよくない品定担当者に対して、いくら愛車のアピール点を言い立てるなどしてもその内容が通ることはかなり難しくなります。査定人はプロフェッショナルなので、アピールしなくても基本的に査定の増すポイントは見逃しません。成果をあせりすぎて安易に成約すると、後で他のトレーダーの査定額をみて悔むことになるので、感じが良くない時は、あっさり終える方が安心です。

査定する担当者に対しては、ある程度はアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると相反に印象が悪くなるので、注意しなければなりません。目きき担当者は出来る極限早く約定を得たいと思っています。それゆえ、良好な感覚を感じたとしても、慎重に対応する必要性があります。

 - 未分類